デスティネーション ボリュームのアクティブ化

データが破損した場合や誤って削除した場合、あるいはオフライン状態の場合など、データをソース ボリュームから提供できないときは、ソース ボリュームのデータをリカバリするまでの間、デスティネーション ボリュームをアクティブ化してデータ アクセスを提供する必要があります。アクティブ化には、以降のSnapMirrorデータ転送の中止と、SnapMirror関係の解除が伴います。