System Managerを使用したボリュームの移動

System Managerでボリュームを移動するには、ボリュームとデスティネーション アグリゲートを選択してボリューム移動処理を開始し、必要に応じてボリューム移動ジョブを監視します。System Managerを使用すると、ボリューム移動処理が自動で完了します。

開始する前に

ボリューム移動処理の実行前と実行後に、ソース アグリゲートとデスティネーション アグリゲートの使用可能なスペースを確認する必要があります。

タスク概要

ボリューム移動処理は、同じクラスタ内でのみサポートされます。また、ボリュームの移動元のアグリゲートと移動先のアグリゲートが同じStorage Virtual Machine(SVM)にある必要があります。ボリュームの移動中にクライアント アクセスが中断されることはありません。

手順

  1. [Volumes]ウィンドウに移動します。
  2. 移動するボリュームを選択し、[Actions] > [Move]をクリックします。
  3. デスティネーション アグリゲートを選択し、ボリューム移動処理を開始します。
    1. 使用可能なアグリゲートのリストからデスティネーション アグリゲートを選択します。このリストには、必要な容量があるアグリゲートのみが表示されます。
      アグリゲートの使用可能なスペース、合計スペース、RAIDタイプ、ストレージ タイプを確認する必要があります。たとえば、ボリュームのパフォーマンス特性を変更することが目的であれば、必要なストレージ タイプのアグリゲートの中から選択できます。
    2. [Move]をクリックし、確認画面でもう一度[Move]をクリックします。
      ボリューム移動ジョブを監視する場合は、表示された[Move Volume]ダイアログ ボックスを開いたままにしておきます。
  4. オプション: ボリューム移動ジョブを監視します。
    1. [Move Volume]ダイアログ ボックスで、ボリューム移動ジョブの[Job ID]のリンクをクリックします。
    2. ボリューム移動ジョブを見つけて、[Status]列の情報を確認します。
      このジョブには、データの初回のベースライン転送やカットオーバー試行の開始など、いくつかのフェーズがあります。

      この図には説明が付随しています。
    3. [Jobs]ウィンドウの[Refresh]をクリックして、更新されたジョブのステータスを確認します。

      この図には説明が付随しています。
      ボリューム移動処理が完了すると、ジョブのステータスが「Complete: Successful」に変わります。
  5. ボリューム移動ジョブがカットオーバー保留フェーズに移行したら、手動カットオーバーを実行します。
    1. [Volumes]ウィンドウで、ボリューム移動ジョブを開始したボリュームを選択します。
    2. ボリュームのカットオーバーを開始します。
      実行中のバージョン 実行する手順
      ONTAP 9.3以降
      1. ボリュームを展開し、[Show More Details]リンクをクリックしてボリュームに関する詳細を表示します。
      2. [Overview]タブで、[Cutover]をクリックします。
      ONTAP 9.2以前 [Volume Move Details]で、[Cutover]をクリックします。
    3. [Cutover]ダイアログ ボックスで、[Advanced Options]をクリックします。
    4. カットオーバー操作とカットオーバー期間を指定します。

      この図には説明が付随しています。
    5. [OK]をクリックします。
  6. 手順4を繰り返します。