AFF以外のシステムでのディスク所有権の割り当て

MetroClusterノードにディスクが正しく割り当てられていない場合、または構成でDS460Cディスク シェルフを使用している場合は、MetroCluster構成内の各ノードにシェルフ単位でディスクを割り当てる必要があります。構成内の各ノードのローカル ディスク プールとリモート ディスク プールでディスク数が同じになるように設定します。

開始する前に

ストレージ コントローラがメンテナンス モードになっている必要があります。

タスク概要

構成にDS460Cディスク シェルフが含まれている場合を除き、工場出荷時の状態でディスクが正しく割り当てられていればこのタスクは必要ありません。
注: プール0には、ディスクを所有するストレージ システムと同じサイトにあるディスクを割り当てます。

プール1には、ディスクを所有するストレージ システムに対してリモートなディスクを割り当てます。

構成にDS460Cディスク シェルフが含まれている場合は、それぞれの12ディスク ドロワーについて、次のガイドラインに従ってディスクを手動で割り当てる必要があります。

ドロワーのディスク ノードとプール
0 - 2 ローカル ノードのプール0
3 - 5 HAパートナー ノードのプール0
6 - 8 ローカル ノードのプール1のDRパートナー
9 - 11 HAパートナーのプール1のDRパートナー

このディスク割り当てパターンに従うことで、ドロワーがオフラインになった場合のアグリゲートへの影響を最小限に抑えることができます。

手順

  1. システムをブートしていない場合は、メンテナンス モードでブートします。
  2. 最初のサイト(サイトA)にあるノードにディスク シェルフを割り当てます。
    ノードと同じサイトにあるディスク シェルフはプール0に割り当て、パートナー サイトにあるディスク シェルフはプール1に割り当てます。

    各プールに同じ数のシェルフを割り当てる必要があります。

    1. 最初のノードで、ローカル ディスク シェルフをプール0に、リモート ディスク シェルフをプール1に割り当てます。disk assign -shelf local-switch-name:shelf-name.port -p pool
      ストレージ コントローラController_A_1にシェルフが4台ある場合は、次のコマンドを実行します。
      *> disk assign -shelf FC_switch_A_1:1-4.shelf1 -p 0
      *> disk assign -shelf FC_switch_A_1:1-4.shelf2 -p 0
      
      *> disk assign -shelf FC_switch_B_1:1-4.shelf1 -p 1
      *> disk assign -shelf FC_switch_B_1:1-4.shelf2 -p 1
    2. ローカル サイトの2番目のノードに対して処理を繰り返し、ローカル ディスク シェルフをプール0に、リモート ディスク シェルフをプール1に割り当てます。disk assign -shelf local-switch-name:shelf-name.port -p pool
      ストレージ コントローラController_A_2にシェルフが4台ある場合は、次のコマンドを実行します。
      *> disk assign -shelf FC_switch_A_1:1-4.shelf3 -p 0
      *> disk assign -shelf FC_switch_B_1:1-4.shelf4 -p 1
      
      *> disk assign -shelf FC_switch_A_1:1-4.shelf3 -p 0
      *> disk assign -shelf FC_switch_B_1:1-4.shelf4 -p 1
  3. 2番目のサイト(サイトB)にあるノードにディスク シェルフを割り当てます。
    ノードと同じサイトにあるディスク シェルフはプール0に割り当て、パートナー サイトにあるディスク シェルフはプール1に割り当てます。

    各プールに同じ数のシェルフを割り当てる必要があります。

    1. リモート サイトの最初のノードで、ローカル ディスク シェルフをプール0に、リモート ディスク シェルフをプール1に割り当てます。disk assign -shelf local-switch-nameshelf-name -p pool
      ストレージ コントローラController_B_1にシェルフが4台ある場合は、次のコマンドを実行します。
      *> disk assign -shelf FC_switch_B_1:1-5.shelf1 -p 0
      *> disk assign -shelf FC_switch_B_1:1-5.shelf2 -p 0
      
      *> disk assign -shelf FC_switch_A_1:1-5.shelf1 -p 1
      *> disk assign -shelf FC_switch_A_1:1-5.shelf2 -p 1
    2. リモート サイトの2番目のノードに対して処理を繰り返し、ローカル ディスク シェルフをプール0に、リモート ディスク シェルフをプール1に割り当てます。disk assign -shelf shelf-name -p pool
      ストレージ コントローラController_B_2にシェルフが4台ある場合は、次のコマンドを実行します。
      *> disk assign -shelf FC_switch_B_1:1-5.shelf3 -p 0
      *> disk assign -shelf FC_switch_B_1:1-5.shelf4 -p 0
      
      *> disk assign -shelf FC_switch_A_1:1-5.shelf3 -p 1
      *> disk assign -shelf FC_switch_A_1:1-5.shelf4 -p 1
  4. シェルフの割り当てを確認します。storage show shelf
  5. メンテナンス モードを終了します。halt
  6. ブート メニューを表示します。boot_ontap menu
  7. 各ノードで、オプション4を選択してすべてのディスクを初期化します。