SASディスク シェルフのホット アドの準備

SASディスク シェルフのホット アドの準備には、ドキュメントおよびディスク ドライブとディスク シェルフのファームウェアのダウンロードが含まれます。

開始する前に

注: 同じスタックにIOM12(SAS-3)モジュールとIOM3 / IOM6モジュールを混在させることはできません。既存のスタックまたはサポートされているIOMモジュールの組み合わせに追加する新しいシェルフでIOMモジュールをアップグレードまたはダウングレードできない場合は、次のいずれかを実行する必要があります。
  • 新しいSASポートに新しいスタックを配置する(ブリッジペアでサポートされている場合)。
  • 追加のブリッジペアに新しいスタックを配置する。

手順

  1. ネットアップ サポート サイトから次のドキュメントをダウンロードまたは表示します。
  2. ホット アドするディスク シェルフがサポートされていることを確認します。
  3. 最新のディスク ファームウェアとディスク シェルフ ファームウェアをダウンロードします。
    注: この手順では、リンク先に記載されている手順のダウンロード部分のみを実行します。ディスク シェルフの取り付けについては、ディスク シェルフのホット アドの手順に従ってください。
    1. ディスク ファームウェアをダウンロードし、あとで参照できるよう、ディスク ファームウェアの説明書をコピーします。
    2. ディスク シェルフ ファームウェアをダウンロードし、あとで参照できるよう、ディスク シェルフ ファームウェアの説明書をコピーします。