共有データ ポートでのクラスタ間LIFの設定

データ ネットワークと共有するポートにクラスタ間LIFを設定できます。これにより、クラスタ間ネットワークに必要なポート数を減らすことができます。

手順

  1. クラスタ内のポートの一覧を表示します。network port show
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、cluster01内のネットワーク ポートを示しています。
    cluster01::> network port show
                                                                 Speed (Mbps)
    Node   Port      IPspace      Broadcast Domain Link   MTU    Admin/Oper
    ------ --------- ------------ ---------------- ----- ------- ------------
    cluster01-01
           e0a       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0b       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0c       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0d       Default      Default          up     1500   auto/1000
    cluster01-02
           e0a       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0b       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0c       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0d       Default      Default          up     1500   auto/1000
    
  2. システムSVMにクラスタ間LIFを作成します。
    オプション 説明
    ONTAP 9.6以降: network interface create -vserver system_SVM -lif LIF_name -service-policy default-intercluster -home-node node -home-port port -address port_IP -netmask netmask
    ONTAP 9.5以前: network interface create -vserver system_SVM -lif LIF_name -role intercluster -home-node node -home-port port -address port_IP -netmask netmask
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、クラスタ間LIF cluster01_icl01cluster01_icl02を作成します。
    cluster01::> network interface create -vserver cluster01 -lif cluster01_icl01 -service-
    policy default-intercluster -home-node cluster01-01 -home-port e0c -address 192.168.1.201 
    -netmask 255.255.255.0 
    
    cluster01::> network interface create -vserver cluster01 -lif cluster01_icl02 -service-
    policy default-intercluster -home-node cluster01-02 -home-port e0c -address 192.168.1.202 
    -netmask 255.255.255.0 
    
  3. クラスタ間LIFが作成されたことを確認します。
    オプション 説明
    ONTAP 9.6以降: network interface show -service-policy default-intercluster
    ONTAP 9.5以前: network interface show -role intercluster
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    cluster01::> network interface show -service-policy default-intercluster
                Logical    Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    cluster01
                cluster01_icl01
                           up/up      192.168.1.201/24   cluster01-01  e0c     true
                cluster01_icl02
                           up/up      192.168.1.202/24   cluster01-02  e0c     true
  4. クラスタ間LIFが冗長構成になっていることを確認します。
    オプション 説明
    ONTAP 9.6以降: network interface show –service-policy default-intercluster -failover
    ONTAP 9.5以前: network interface show -role intercluster -failover
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、e0cポート上のクラスタ間LIF cluster01_icl01cluster01_icl02e0dポートにフェイルオーバーされることを示しています。
    cluster01::> network interface show -service-policy default-intercluster –failover
             Logical         Home                  Failover        Failover
    Vserver  Interface       Node:Port             Policy          Group
    -------- --------------- --------------------- --------------- --------
    cluster01
             cluster01_icl01 cluster01-01:e0c   local-only      192.168.1.201/24
                                Failover Targets: cluster01-01:e0c,
                                                  cluster01-01:e0d
             cluster01_icl02 cluster01-02:e0c   local-only      192.168.1.201/24
                                Failover Targets: cluster01-02:e0c,
                                                  cluster01-02:e0d