SnapMirrorの動作

データを保護するクラスタ内のデスティネーションに対するデータ保護ミラー関係を作成することができます。また、災害に対する保護を強化するために、別の場所にある異なるクラスタ内のデスティネーションに対するミラー関係も作成できます。

データ保護ミラーは、1つ以上のデスティネーション ボリュームにレプリケートできるソース ボリュームで構成されます。データ保護ミラー関係はそれぞれ独立しており、他のミラー関係には依存しません。
注:デスティネーション ボリュームでは、ソース ボリュームと同じかそれよりも新しいバージョンのData ONTAPを実行している必要があります。

デスティネーション ボリュームは、Snapshotコピーを使用して更新されます。ソース ボリュームからディステーション ボリュームへのSnapshotコピーの転送は、スケジュールに従って自動で行われるか手動で行われるため、ミラーは非同期的に更新されます。

データ保護ミラー関係は、ソース ボリュームと同じアグリゲートにあるデスティネーション、および同じStorage Virtual Machine(SVM)または異なるSVMのデスティネーションに対して作成できます。保護を強化するには、別のアグリゲートにあるデスティネーションに対する関係を作成します。これにより、ソース ボリュームのアグリゲートで障害が発生してもデータをリカバリできます。ただし、これらの構成は、どちらもクラスタの障害に対する保護にはなりません。

クラスタの障害からデータを保護するには、ソース ボリュームとは異なるクラスタにあるデスティネーション ボリュームを指定してデータ保護ミラー関係を作成します。ソース ボリュームがあるクラスタで障害が発生しても、ソース ボリュームが再び使用できるようになるまで、ユーザ クライアントにクラスタ ピアのデスティネーション ボリュームからデータを提供できます。