qtreeの作成

qtreeを使用すると、ボリューム内のデータを管理およびパーティショニングできます。System Manager[qtree の作成]ダイアログ ボックスを使用して、ストレージ システム上のボリュームに新しいqtreeを追加できます。

手順

  1. [SVM]タブをクリックします。
  2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
  3. [qtree]タブをクリックします。
  4. [作成]をクリックします。
  5. [qtree の作成]ダイアログ ボックスの[詳細]タブで、qtreeの名前を入力します。
  6. このqtreeを追加するボリュームを選択します。
    ボリューム参照リストには、オンラインになっているボリュームのみが表示されます。
  7. qtreeのoplockを無効にする場合は、[この qtree のファイルおよびディレクトリに対して oplock を有効にする]チェック ボックスを選択解除します。
    デフォルトでは、oplockは各qtreeで有効になっています。
  8. デフォルトで継承されるセキュリティ形式を変更する場合は、新しいセキュリティ形式を選択します。
    qtreeのデフォルトのセキュリティ形式は、qtreeが含まれるボリュームのセキュリティ形式です。
  9. デフォルトで継承されるエクスポート ポリシーを変更する場合は、既存のエクスポート ポリシーを選択するか、新しいエクスポート ポリシーを作成します。
    qtreeのデフォルトのエクスポート ポリシーは、qtreeが含まれるボリュームに割り当てられているエクスポート ポリシーです。
  10. ディスク スペース使用量を制限する場合は、[クォータ]タブをクリックします。
    1. qtreeにクォータを適用する場合は、[qtree クォータ]をクリックし、ディスク スペースの制限を指定します。
    2. qtreeのすべてのユーザにクォータを適用する場合は、[ユーザ クォータ]をクリックし、ディスク スペースの制限を指定します。
  11. [作成]をクリックします。
  12. [qtree]ウィンドウで、作成した新しいqtreeがqtreeのリストに含まれていることを確認します。