[ストレージ階層]ウィンドウ

[ストレージ階層]ウィンドウでは、クラスタ全体のスペースの詳細、アグリゲートの詳細、および外部の大容量階層の詳細を確認できます。

[内部階層]パネルまたは[高パフォーマンス階層]パネル(クラスタにオールフラッシュ[オールSSD]アグリゲートが含まれている場合)には、すべてのアグリゲートの合計サイズ、クラスタ内のアグリゲートで使用済みのスペース、クラスタ内の使用可能なスペースなど、クラスタ全体のスペースの詳細が表示されます。

[外部の大容量階層]パネルには、ライセンス設定済みの外部の大容量階層について、クラスタ内の合計サイズ、クラスタで使用済みのスペース、およびクラスタで使用可能なスペースが表示されます。また、ライセンスのない、使用中の外部の大容量階層も表示されます。

アグリゲート パネルには、アグリゲートの合計スペース、使用済みスペース、および使用可能なスペースの詳細がアグリゲートのタイプ別に表示されます。アグリゲートを選択してアグリゲート関連の操作を実行できます。

外部の大容量階層の詳細を作成、編集、表示、削除することも可能です。

コマンド ボタン

アグリゲートの追加
アグリゲートを作成できます。
操作
次のオプションが用意されています。
ステータスを変更
選択したアグリゲートのステータスを次のいずれかに変更します。
  • オンライン

    このアグリゲートに含まれるボリュームへの読み取りおよび書き込みアクセスが許可されます。

  • オフライン

    パリティの再構築などの一部の処理は許可されますが、データ アクセスは許可されません。

  • 制限

    読み取りまたは書き込みアクセスが許可されません。

容量の追加
既存のアグリゲートに容量(HDDまたはSSD)を追加できます。
キャッシュの追加
既存のHDDアグリゲートまたはFlash Poolアグリゲートにキャッシュ ディスク(SSD)を追加できます。
FabricPoolにはキャッシュを追加できません。

このボタンは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタでは使用できません。

ミラーリング
アグリゲートをミラーリングできます。
ボリューム移動
FlexVolを移動できます。
外部の大容量階層の接続
アグリゲートに外部の大容量階層を接続できます。
外部の大容量階層の追加
外部の大容量階層を追加し、その階層にアグリゲートを接続できます。

詳細領域

アグリゲート名をクリックすると、そのアグリゲートに関する詳細情報を確認できます。
[概要]タブ
選択したアグリゲートに関する詳細な情報が表示されます。これには、アグリゲートのスペース割り当て、アグリゲートのスペース削減、アグリゲートのパフォーマンスなどの情報が含まれます。
[ディスク情報]タブ
選択したアグリゲートのディスク レイアウト情報が表示されます。
[ボリューム]タブ
アグリゲート上の総ボリューム数、アグリゲートの合計スペース、およびアグリゲートにコミット済みのスペースについての詳細が表示されます。合計コミット済みスペースは、すべてのボリューム(オンラインおよびオフライン)の合計サイズとオンライン ボリュームのSnapshotリザーブ スペースの合計です。
[パフォーマンス]タブ
合計転送回数、IOPS、書き込みワークロードの影響など、アグリゲートのパフォーマンス指標を示すグラフが表示されます。読み取り、書き込み、および合計転送回数のパフォーマンス指標データが、SSDとHDDで別々に表示されます。「nvlog」およびダーティ バッファへの書き込みワークロードの影響に関するパフォーマンス指標データも表示されます。

クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォーマンス指標のグラフも変わります。最新のグラフを表示するには、ブラウザの表示を更新する必要があります。