使用可能なクラスタ ヘルスモニタ

ヘルスモニタは複数あり、それぞれがクラスタの異なる部分を監視します。ヘルスモニタは、イベント検出、アラート送信、およびクリアされたイベントの削除を行い、Data ONTAPサブシステム内で発生したエラーからのリカバリに役立ちます。

ヘルスモニタ名(識別子) サブシステム名(識別子) 目的
クラスタ スイッチ

(cluster-switch)

スイッチ(Switch-Health) 温度、利用率、インターフェイスの設定、冗長性(クラスタ ネットワーク スイッチのみ)、ファンおよび電源の動作に関して、クラスタ ネットワーク スイッチと管理ネットワーク スイッチを監視します。クラスタ スイッチ ヘルスモニタはSNMPでスイッチと通信します。デフォルトの設定はSNMPv2cです。
MetroClusterファブリック スイッチ MetroCluster構成のバックエンド ファブリック トポロジを監視して、間違ったケーブル接続およびゾーニングなどの設定ミスや、ISLの障害を検出します。
MetroClusterヘルス インターコネクト、RAID、およびストレージ FC-VIアダプタ、FCイニシエータ アダプタ、取り残されたアグリゲートやディスク、およびクラスタ間ポートを監視します。
ノード接続

(node-connect)

CIFSの無停止運用(CIFS-NDO) SMB接続を監視して、Hyper-Vアプリケーションへの無停止運用を維持します。
ストレージ(SAS-connect) ノード レベルでシェルフ、ディスク、およびアダプタを監視して、適切なパスと接続を維持します。
システム 該当なし 他のヘルスモニタからの情報を集約します。
システム接続

(system-connect)

ストレージ(SAS-connect) クラスタ レベルでシェルフを監視して、2つのHAクラスタ ノードへの適切なパスを維持します。