Infinite Volumeでのミラーリング テクノロジを使用したディザスタ リカバリの実現

ストレージに格納されたデータは、ハードウェア障害や自然災害といった災害の影響を大きく受けます。Infinite Volumeでミラーリング テクノロジを使用することにより同一のセカンダリ データセットを作成できるため、プライマリ データセットに問題が発生した場合にプライマリ データセットと置き換えることができます。

別々のクラスタにあるソースInfinite VolumeとデスティネーションInfinite Volumeの間でデータ保護ミラー関係を作成することで、非同期のディザスタ リカバリを実現できます。Infinite Volumeは、2つのサイト間、および複数ミラーのファンアウト構成間での双方向のデータ交換をサポートします。

同じクラスタにある2つのInfinite Volume間でデータ保護ミラー関係を作成することはできません。また、FlexVolとInfinite Volumeの間でデータ保護ミラー関係を作成することもできません。