[アグリゲート]ウィンドウ

[アグリゲート]ウィンドウを使用して、アグリゲートの作成、表示やアグリゲートに関する情報の管理ができます。

コマンド ボタン

作成
[アグリゲートの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、アグリゲートを作成できます。
編集
[アグリゲートの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、アグリゲートの名前、またはこのアグリゲートのRAID保護レベルを変更できます。
削除
選択したアグリゲートを削除します。
注:このボタンは、ルート アグリゲートの場合は無効です。
操作
次のオプションが用意されています。
ステータスを変更
選択したアグリゲートのステータスを次のいずれかに変更します。
  • オンライン

    このアグリゲートに含まれるボリュームへの読み取りおよび書き込みアクセスが許可されます。

  • オフライン

    読み取りまたは書き込みアクセスが許可されません。

  • 制限

    パリティの再構築などの一部の処理は許可されますが、データ アクセスは許可されません。

容量の追加
既存のアグリゲートに容量(HDDまたはSSD)を追加できます。
キャッシュの追加
既存のHDDアグリゲートまたはFlash Poolアグリゲートにキャッシュ ディスク(SSD)を追加できます。

このボタンは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタでは使用できません。

ミラーリング
アグリゲートをミラーリングできます。
ボリューム移動
FlexVolを移動できます。
外部の大容量階層の接続
アグリゲートに外部の大容量階層を接続できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

アグリゲート リスト

各アグリゲートの名前とスペース使用量情報が表示されます。

ステータス
アグリゲートのステータスが表示されます。
名前
アグリゲートの名前が表示されます。
ノード
アグリゲートのディスクが割り当てられているノードの名前が表示されます。

このフィールドは、クラスタ レベルでのみ使用できます。

タイプ
アグリゲートのタイプが表示されます。

このフィールドは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタに対しては表示されません。

使用済み(%)
アグリゲートで使用されているスペースの割合が表示されます。
使用可能なスペース
アグリゲートの使用可能なスペースが表示されます。
使用済みスペース
アグリゲートでデータに使用されているスペースの量が表示されます。
合計スペース
アグリゲートの合計スペースが表示されます。
FabricPool
選択したアグリゲートが外部の大容量階層に接続されているかどうかが表示されます。
外部の大容量階層
選択したアグリゲートが外部の大容量階層に接続されている場合、外部の大容量階層の名前が表示されます。
ボリューム数
アグリゲートに関連付けられているボリュームの数が表示されます。
ディスク数
アグリゲートの作成に使用されているディスクの数が表示されます。
Flash Pool
Flash Poolアグリゲートの合計キャッシュ サイズが表示されます。そのアグリゲートがFlash Poolアグリゲートでない場合は[NA]と表示されます。

このフィールドは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタに対しては表示されません。

ミラーリング
アグリゲートがミラーリングされているかどうかが表示されます。
SnapLockタイプ
アグリゲートのSnapLockタイプが表示されます。

詳細領域

アグリゲートを展開すると、選択したアグリゲートに関する情報を確認できます。選択したアグリゲートに関する詳細を確認するには、[詳細を表示]をクリックします。

[概要]タブ
選択したアグリゲートに関する詳細な情報が表示されます。これには、アグリゲートのスペース割り当て、アグリゲートのスペース削減(使用済み論理スペースの合計、使用済み物理スペースの合計、Storage Efficiencyによる削減量の合計、データの削減率、FlexCloneボリュームの割合、Snapshotコピーの割合など)、アグリゲートのパフォーマンス(IOPS)、合計データ転送回数などの情報が含まれます。
[ディスク情報]タブ
ディスクのレイアウト情報(ディスクの名前、ディスク タイプ、物理サイズ、使用可能なサイズ、ディスクの位置、ディスク ステータス、プレックス名、プレックス ステータス、RAIDグループ、RAIDタイプ、選択したアグリゲートのストレージ プール[ある場合]など)が表示されます。ディスクのプライマリ パスに関連付けられたディスク ポート、およびマルチパス設定の場合はディスクのセカンダリ パスに関連付けられたディスク名も表示されます。
[ボリューム]タブ
アグリゲート上の総ボリューム数、アグリゲートの合計スペース、およびアグリゲートにコミット済みのスペースについての詳細が表示されます。合計コミット済みスペースは、すべてのボリューム(オンラインおよびオフライン)の合計サイズとオンライン ボリュームのSnapshotリザーブ スペースの合計です。
[パフォーマンス]タブ
合計転送回数、IOPS、書き込みワークロードの影響など、アグリゲートのパフォーマンス指標を示すグラフが表示されます。読み取り、書き込み、および合計転送回数のパフォーマンス指標データが、SSDとHDDで別々に表示されます。「nvlog」およびダーティ バッファへの書き込みワークロードの影響に関するパフォーマンス指標データも表示されます。

クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォーマンス指標のグラフも変わります。最新のグラフを表示するには、ブラウザの表示を更新する必要があります。