ミラー転送の中止

データ転送が完了する前に、ボリュームのレプリケーション操作を中止できます。スケジュールされた更新、手動更新、または最初のデータ転送を中止できます。

手順

  1. [保護] > [関係]をクリックします。
  2. データ転送を停止する関係を選択し、[操作] > [中止]をクリックします。
  3. [転送を中止する]チェック ボックスを選択して操作を確定します。
  4. オプション: デスティネーション ボリュームに転送済みのデータを保持する場合は、[転送済みのデータは保持する]チェック ボックスを選択します。
  5. [中止]をクリックします。
  6. オプション: Infinite Volumeのデータ転送を中止する場合は、[バックグラウンドで実行]をクリックしてバックグラウンドで処理を実行します。
    Infinite Volumeのデータ転送の中止には、FlexVolの場合よりも時間がかかります。

    転送ステータスは、処理が完了するまでは「中止中」と表示され、処理が完了すると「アイドル」と表示されます。