ミラー関係のボリュームのリストア

バージョンに依存しないミラー関係の場合、ソース データが破損して使用できなくなった場合は、System Managerを使用して、ソースまたはその他のボリュームにSnapshotコピーをリストアできます。元のデータをデスティネーション ボリュームのSnapshotコピーで置き換えることができます。

開始する前に

タスク概要

手順

  1. [保護] > [関係]をクリックします。
  2. ミラー関係を選択し、[操作] > [リストア]をクリックします。
  3. [リストア]ダイアログ ボックスで、ミラー関係のソース ボリュームにデータをリストアするか、他のボリュームを選択します。
    リストア先 操作
    ソース ボリューム
    1. [ソース ボリューム]を選択します。
    2. 手順7に進みます。
    その他のボリューム [他のボリューム]を選択し、リストからクラスタとSVMを選択します。
  4. データを新しいボリュームまたは既存のボリュームにリストアします。
    リストア先 操作
    新しいボリューム デフォルトの名前(destination_SVM_name_destination_volume_name_restore)を変更する場合は、新しい名前を指定し、ボリュームの包含アグリゲートを選択します。
    既存のボリューム [ボリュームの選択]オプションを選択します。

    ソース ボリューム以外のボリュームの中から、一部のデータだけを含み、残りは共通のSnapshotコピーを使用する読み書き可能ボリュームを選択する必要があります。

    言語属性がソース ボリュームと同じボリュームだけが表示されます。

  5. 最新のSnapshotコピーを選択するか、リストアする特定のSnapshotコピーを選択します。
  6. 確認のチェック ボックスをオンにし、Snapshotコピーからボリュームをリストアします。
  7. オプション: リストア処理中に転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を有効にする]チェック ボックスを選択します。
  8. [リストア]をクリックします。