ストレージQoSへのボリュームの割り当て

LUNをストレージQoSポリシー グループに割り当てることで、FlexVolのスループットを制限することができます。System Managerを使用して、新しいボリュームに対するストレージQoSを割り当てたり、すでにポリシー グループに割り当てられているボリュームに対するストレージQoSの詳細を変更したりできます。

タスク概要

手順

  1. [SVM]タブをクリックします。
  2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
  3. [ボリューム]タブをクリックします。
  4. ストレージQoSを割り当てるボリュームを1つ以上選択します。
  5. [操作] > [ストレージQoS]をクリックします。
  6. FlexVolのワークロードのパフォーマンスを管理する場合は、[QoSの詳細]ダイアログ ボックスで[ストレージQoSの管理]チェック ボックスを選択します。
    選択したボリュームの一部がすでにポリシー グループに割り当てられている場合、変更内容によってはそれらのボリュームのパフォーマンスに影響する可能性があります。
  7. 新しいストレージQoSポリシー グループを作成するか、または既存のポリシー グループを選択し、FlexVolの入出力(I/O)のパフォーマンスを制御します。
    状況 操作
    新しいポリシー グループを作成する
    1. [新しいポリシー グループ]を選択します。
    2. ポリシー グループの名前を指定します。
    3. 最小スループット制限を指定します。

      最小スループット制限を指定しない場合、または最小スループットの値を0に設定した場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

    4. 最大スループット制限を指定します。ポリシー グループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。
      • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。
      • 最小スループット制限を指定しない場合は、IOPS、B/秒、KB/秒、MB/秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。
      • 最大スループット制限を指定しない場合は、自動的に「無制限」という値が表示されます。指定した単位は無視されます。
    既存のポリシー グループを選択する
    1. [既存のポリシー グループ]を選択して[選択]をクリックし、[ポリシー グループの選択]ダイアログ ボックスで既存のポリシー グループを選択します。
    2. 最小スループット制限を指定します。

      最小スループット制限を指定しない場合、または最小スループットの値を0に設定した場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

    3. 最大スループット制限を指定します。ポリシー グループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。
      • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。
      • 最小スループット制限を指定しない場合は、IOPS、B/秒、KB/秒、MB/秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。
      • 最大スループット制限を指定しない場合は、自動的に「無制限」という値が表示されます。指定した単位は無視されます。

    ポリシー グループが複数のオブジェクトに割り当てられている場合、指定した最大スループットはそれらのオブジェクトの合計スループットです。

  8. オプション: ボリューム数が表示されたリンクをクリックして、選択したボリュームのリストを確認します。リストからボリュームを削除する場合は[破棄]をクリックします。
    このリンクは、複数のボリュームを選択した場合にのみ表示されます。
  9. [OK]をクリックします。