SVMの作成

[Storage Virtual Machine(SVM)]ウィンドウを使用して、SVMを作成して設定することができます。作成したSVM上にストレージ オブジェクトを作成すると、SVMからデータが提供されるようになります。

開始する前に

手順

  1. SVMの名前を入力します。
  2. SVMのデータ プロトコルを選択します。
    状況 作業
    Active Directoryを使用してCIFSサーバを設定し、CIFSプロトコルを有効にする
    1. [Active Directory]ボックスを選択します。
    2. Active Directoryの管理者名を入力します。
    3. Active Directoryの管理者パスワードを入力します。
    4. CIFSサーバの名前を入力します。
    5. Active Directoryドメインの名前を入力します。
    6. 要件に応じて、[このSVMに1つのデータLIF]または[このSVMのノードごとに1つのデータLIF]のいずれかのボックスを選択します。
    7. データLIFのIPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、ポートなどの詳細を指定します。
    8. DNSの詳細を指定します。
    ワークグループを使用してCIFSサーバを設定し、CIFSプロトコルを有効にする
    1. [ワークグループ]ボックスを選択します。
    2. ワークグループの名前を入力します。
    3. CIFSサーバの名前を入力します。
    4. 要件に応じて、[このSVMに1つのデータLIF]または[このSVMのノードごとに1つのデータLIF]のいずれかのチェック ボックスを選択します。
    5. データLIFのIPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、ポートなどの詳細を指定します。
    NFSプロトコルを有効にする
    1. [NFS]ボックスを選択します。
    2. 要件に応じて、[このSVMに1つのデータLIF]または[このSVMのノードごとに1つのデータLIF]のいずれかのチェック ボックスを選択します。
    3. データLIFのIPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、ポートなどの詳細を指定します。
    iSCSIプロトコルを有効にする
    1. [iSCSI]ボックスを選択します。
    2. データLIFのIPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、ポートなどの詳細を指定します。
    FC / FCoEプロトコルを有効にする
    1. [FC / FCoE]ボックスを選択します。
    2. FCまたはFCoEプロトコル用のFC / FCoEポートを選択します。
      注:各ノードで少なくとも1つのポート(FCプロトコル用とFCoEプロトコル用)が正しく設定されている必要があります。
  3. オプション: [アドバンスト オプション]アイコンをクリックし、詳細を指定します。デフォルト言語、セキュリティ形式、CIFSサーバの詳細、NFSの詳細などを設定できます。
  4. [送信して続行]をクリックしてSVMを作成します。

終了後の操作

[送信して続行]をクリックしたあと、指定した詳細を[概要]ウィンドウで確認し、[クラスタの管理]をクリックしてSystem Managerを起動するか、[アプリケーションのプロビジョニング]をクリックしてストレージ アプリケーションをプロビジョニングするか、[エクスポート設定]をクリックして構成ファイルをダウンロードします。