Flash Poolアグリゲートの機能

Flash Poolアグリゲートは、一般的に、標準のアグリゲートと同じ方法で使用、管理します。ただし、SSDグループおよびHDD RAIDグループの相互作用と、システムのその他の要素に及ぼす影響を理解しておく必要があります。

SSD RAIDグループはSSDキャッシュとも呼ばれ、物理SSDまたはSSDストレージ グループからの割り当て単位で構成できます(ただし両方で構成することはできません)。

SSDキャッシュは、最大アグリゲート サイズの算出に使用されるアグリゲート サイズには算入されません。たとえば、最大アグリゲート サイズに達しているアグリゲートにもSSD RAIDグループを追加できます。ただし、ノード全体またはHAペア全体のドライブ数の制限にはカウントされます

Flash PoolアグリゲートのHDD RAIDグループの動作は標準のアグリゲートのHDD RAIDグループと同じで、異なるディスク タイプ、サイズ、速度、チェックサムを混在させる場合のルールも同じです。たとえば、パフォーマンス ディスクとデータ ディスクをFlash PoolアグリゲートのHDD RAIDグループに混在させることはできません。

チェックサム方式、RAIDタイプ、およびRAIDグループ サイズの値は、SSDキャッシュRAIDグループ用とHDD RAIDグループ用に別々に設定できます。Flash PoolアグリゲートがSSDキャッシュにSSDストレージ プールを使用する場合、キャッシュRAIDタイプは最初のSSD RAIDグループの追加時にのみ変更可能であり、そのSSD RAIDグループのサイズは、ストレージ プール内のSSDの数によって決まります。

Flash Poolアグリゲートに含まれるボリュームに対して手動でデータ圧縮を有効にすると、デフォルトで適応圧縮が有効になります。

SSDキャッシュにはプラットフォーム依存の最大サイズがあります。