システム ロギングの仕組み

システム ロギングは、アプリケーションのトラブルシューティングに欠かせないツールです。システム ロギングを有効にすると、アプリケーションに問題があるときに、その問題を特定するのに役立ちます。アプリケーション バイナリを変更することなく、System Managerのロギングを実行時に有効化できます。

ログ出力は膨大な量になることがあるため、管理が困難になる可能性があります。System Managerでは、出力するログ ステートメントのタイプを選択することにより、ロギングの出力を絞り込むことができます。デフォルトでは、システム ロギングはINFOに設定されます。次のいずれかのログ レベルを選択できます。

これらのレベルは階層的に機能します。ログ レベルをOFFに設定すると、メッセージがロギングされません。