クォータのタイプ

クォータは、適用先のターゲットに基づいて分類できます。

適用先のターゲットに基づくクォータのタイプを次に示します。

ユーザ クォータ
ターゲットはユーザです。

ユーザは、UNIXユーザ名、UNIX UID、Windows SID、UIDがユーザに一致するファイルまたはディレクトリ、Windows 2000より前の形式のWindowsユーザ名、およびユーザのSID所有のACLが設定されたファイルまたはディレクトリによって表すことができます。ユーザ クォータはボリュームまたはqtreeに適用できます。

グループ クォータ
ターゲットはグループです。

グループは、UNIXグループ名、GID、またはGIDがグループに一致するファイルまたはディレクトリで表されます。Data ONTAPでは、Windows IDに基づいてグループ クォータを適用しません。ユーザ クォータはボリュームまたはqtreeに適用できます。

qtreeクォータ
ターゲットはqtreeであり、qtreeへのパス名によって指定されます。

ターゲットqtreeのサイズを決定できます。

デフォルト クォータ
ターゲットごとに個別のクォータを作成することなく、大量のクォータ ターゲットにクォータ制限を自動的に適用します。

デフォルト クォータは、3種類のクォータ ターゲット(ユーザ、グループ、およびqtree)のすべてに適用できます。クォータのタイプはtypeフィールドの値によって決まります