SnapVaultバックアップの仕組み

SnapVaultバックアップへのボリュームのバックアップ機能には、ベースライン転送の開始、定期的な差分転送の実行、要求に応じたデータのリストアが含まれます。

ベースライン転送

ベースライン転送の一般的な仕組みは次のとおりです。

ベースライン転送はSnapVault関係の初期化時に実行されます。初期化を行うと、Data ONTAPで新しいSnapshotコピーが作成され、そのSnapshotコピーがプライマリ ボリュームからセカンダリ ボリュームに転送されます。これは転送時のボリュームのベースラインSnapshotコピーであり、差分ではなく全体が転送されます。そのため、SnapVaultポリシーで指定されたルールに一致するものがあるかどうかに関係なく、最初のSnapVault転送でプライマリ ボリューム上の他のSnapshotコピーが転送されることはありません。

差分転送

ソース システムでは、プライマリ ボリュームに割り当てられたSnapshotポリシーに従って、ソース ボリュームの差分Snapshotコピーが作成されます。各Snapshotコピーには、どのボリュームのものかを識別できるようにラベルが付けられます。

SnapVaultセカンダリ システムでは、SnapVault関係に割り当てられたSnapVaultポリシーに対して設定されたルールに従って、指定されたラベルの差分Snapshotコピーが取得されます。バックアップSnapshotコピーを識別できるようにSnapshotのラベルが保持されます。

Snapshotコピーは、データ保護の要件を満たすために必要な期間にわたってSnapVaultバックアップに保持されます。保持スケジュールをSnapVault関係で設定するのではなく、保持するSnapshotコピーの数をSnapVaultポリシーで指定します。

SnapVaultバックアップの更新

Snapshotコピーの転送の各セッション(1回のセッションで複数のSnapshotコピーを転送することも可能)の終了時に、SnapVaultバックアップの最新の差分Snapshotコピーを使用してプライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームの間の共通のSnapshotコピーが新たに作成され、アクティブなファイルシステムとしてエクスポートされます。

データのリストア

プライマリ ボリュームまたは新しいボリュームへのデータのリストアが必要になった場合は、指定したデータがSnapVaultセカンダリのSnapVaultバックアップから転送されます。