外部の大容量階層および階層化ポリシーとは

外部の大容量階層は、アクセス頻度の低いデータ用のストレージとして利用できます。オールフラッシュ(オールSSD)アグリゲートを外部の大容量階層に接続して、使用頻度の低いデータを格納できます。データを外部の大容量階層に移動するかどうかは、階層化ポリシーで制御できます。

ボリュームには次のいずれかの階層化ポリシーを設定できます。

Snapshotのみ
これがデフォルトの階層化ポリシーです。アクティブなファイルシステムで現在参照されていないボリュームのSnapshotデータの階層化のみが許可されます。
なし
外部の大容量階層へのボリュームのデータの移動が禁止されます。
バックアップ
データ保護(DP)ボリュームから新しく転送されたデータを外部の大容量階層で開始できます。