IPspaceの設定(クラスタ管理者のみ)

IPspaceを使用すると、管理上分離された複数のネットワーク ドメインのクライアントが、たとえ同じIPアドレスのサブネット範囲を使用している場合でも、単一のONTAPクラスタにアクセスできるよう設定できます。これにより、クライアント トラフィックを分離してプライバシーとセキュリティを確保することができます。

IPspaceは、Storage Virtual Machine(SVM)が実装される、個別のIPアドレス スペースを定義します。あるIPspaceに対して定義されたポートとIPアドレスは、そのIPspace内でのみ有効です。IPspace内のSVMごとに個別のルーティング テーブルが保持されるため、SVMやIPspaceをまたがってトラフィックがルーティングされることはありません。

注:IPspaceのルーティング ドメインでは、IPv4およびIPv6のアドレスがサポートされます。

単一の組織のストレージを管理する場合は、IPspaceを設定する必要はありません。単一のONTAPクラスタで複数企業のストレージを管理していて、ユーザ間のネットワーク設定がないことが確実な場合も、IPspaceを使用する必要はありません。多くの場合、Storage Virtual Machine(SVM)を専用のIPルーティング テーブルと一緒に使用することで、IPspaceを使用しなくても固有のネットワーク設定を分離できます。