LUNクローンの概要

LUNクローンは、親LUNの書き込み可能でスペース効率の高いクローンです。クローニング処理ではデータの物理的なコピーは実行されないため、LUNクローンは、スペースを効率的に使用して短時間で作成されます。クローンを使用することで、物理的なアグリゲート スペースを効率的に使用することができます。

SAN環境でSnapshotコピーのバックアップを作成することなく、LUN全体のクローンを作成できます。クローニング処理は瞬時に行われ、親LUNにアクセスしているクライアントにサービスの中断や停止といった影響が及ぶことはありません。クライアントはすべての標準的なLUN処理を、親エンティティおよびクローン エンティティの両方に対して実行でき、 親LUNとクローンLUNの両方に読み取り / 書き込みアクセスを実行することができます。

クローンは親LUNのデータ ブロックを他のクローンと共有します。親ファイルまたはクローンに新規データが書き込まれるまではほとんどスペースを占有しません。デフォルトでは、LUNクローンは親LUNのスペース リザーブ設定を継承します。たとえば、親LUNでスペース リザベーションが無効になっている場合、LUNクローンのスペース リザベーションも無効になります。

注:LUNのクローンを作成するときは、ボリュームにLUNクローンを格納できるだけの十分なスペースがあることを確認する必要があります。