ミラー関係の更新

スケジュールされていないデスティネーションのミラー更新を開始できます。 予定された停電、スケジュールされた保守、またはデータ移行によるデータ損失を防ぐために、手動更新が必要になる場合があります。

開始する前に

ミラー関係はSnapMirror済みの状態である必要があります。

タスク概要

ストレージ クラスを含むInfinite Volumeで、ミラー関係の作成後に新しいコンスティチュエントがソースInfinite Volumeに追加されている場合は、System Managerを使用してデスティネーションInfinite Volumeの更新を実行することはできません。

代わりにOnCommand Workflow Automationを使用してください。

手順

  1. [保護] > [関係]をクリックします。
  2. データを更新するミラー関係を選択し、[操作] > [更新]をクリックします。
  3. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの間の最も新しい共通のSnapshotコピーに基づく差分転送を実行するには、[ポリシーに従う]を選択します。
    • [Snapshot コピーの選択]を選択し、転送するSnapshotコピーを指定します。
  4. オプション: 転送に使用するネットワーク帯域幅を制限する場合は、[転送帯域幅の制限]を選択し、最大転送速度を指定します。
  5. [更新]をクリックします。
  6. オプション: Infinite Volumeのデータ転送を開始する場合は、[バックグラウンドで実行]をクリックしてバックグラウンドで処理を実行します。
    Infinite Volumeの更新には、FlexVolの場合よりも時間がかかります。
  7. [詳細]タブで、転送ステータスを確認します。