ノード管理インターフェイスの作成

System Managerを使用して、クラスタ内の特定のノードを管理するための専用のIPアドレスを作成できます。このLIFは、特定のノードのシステム メンテナンスを管理するために使用できます。

手順

  1. [設定]タブをクリックします。
  2. [クラスタ設定]ペインで、[設定の更新]をクリックします。
  3. [ノード]タブでノードを選択し、[ノード管理LIFの作成]をクリックします。
  4. [ノード管理LIFの作成]ダイアログ ボックスで、ノード管理LIFの名前を指定します。
  5. 次のいずれかのオプションを選択して、IPアドレスを割り当てます。
    オプション 作業
    サブネットを使用してIPアドレスを指定する
    1. [サブネットを使用する]を選択します。
    2. [詳細を追加]ダイアログ ボックスで、割り当てるIPアドレスを含むサブネットを選択します。

      クラスタ間LIFの場合、選択したIPspaceに関連付けられているサブネットだけが表示されます。

    3. インターフェイスに特定のIPアドレスを割り当てる場合は、[特定のIPアドレスを使用する]を選択してIPアドレスを入力します。

      指定したIPアドレスがサブネット内にない場合、追加されます。

    4. [OK]をクリックします。
    サブネットを使用せずに手動でIPアドレスを指定する
    1. [サブネットを使用しない]を選択します。
    2. [詳細を追加]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
      1. IPアドレスとネットワーク マスクまたはプレフィックスを指定します。
      2. 必要に応じて、ゲートウェイを指定します。

        IPアドレス ファミリーに基づいて、デスティネーション フィールドにデフォルト値が設定されます。

      3. デフォルト値を使用しない場合は、新しいデスティネーションの値を指定します。

      ルートが存在しない場合は、ゲートウェイとデスティネーションに基づいて新しいルートが自動的に作成されます。

    3. [OK]をクリックします。
  6. ポートの詳細領域から必要なポートを選択します。
  7. [作成]をクリックします。

終了後の操作

ノード管理用の既存のインターフェイスまたはLIFを削除する場合は、コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用する必要があります。