DNSおよびDDNSの設定の編集

DNSを使用すると、ホスト情報を一元的に管理できます。System Managerを使用して、ストレージ システムのDNSドメイン名を追加または変更できます。ストレージ システムでDDNSを有効にして、DNSサーバのネーム サーバを自動的に更新することもできます。

開始する前に

  • セキュアなDDNSを使用するために、Storage Virtual Machine(SVM)用のCIFSサーバまたはActive Directoryアカウントをセットアップしておく必要があります。
  • DDNSの機能を使用するには、DNSサーバ管理者がDNSサーバで必要な変更を行っておく必要があります。

    Data ONTAPとDNSサーバの両方でセキュアなDDNSを有効にする必要があります。

タスク概要

System Managerでは、DNSおよびDDNSの設定に対する検証チェックは実行されません。

手順

  1. [SVM]タブをクリックします。
  2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
  3. [SVM設定]タブをクリックします。
  4. [サービス]ペインで、[DNS / DDNS]をクリックします。
  5. [編集]をクリックします。
  6. [DNS / DDNS設定の編集]ダイアログ ボックスで、[DNSサービス]チェック ボックスを選択してDNSを有効にします。
  7. [DNSドメイン]領域と[ネーム サーバ]領域で、DNSドメイン名およびIPアドレスを追加または変更します。
  8. [DDNS サービス]チェック ボックスを選択してDDNSを有効にします。
    DDNSを有効にすることができるのは、DNSが有効な場合だけです。
    1. [セキュアな DDNS を有効にする]チェック ボックスを選択してセキュアなDDNSを有効にします。
    2. DDNSサービスのFQDNとTTLの値を指定します。
      デフォルトでは、TTLは24時間、FQDNはSVM name. domain nameに設定されます。
  9. [OK]をクリックします。