[サービス プロセッサ]ウィンドウ

[サービス プロセッサ]ウィンドウを使用して、IPアドレス、ネットワーク マスク(IPv4)またはプレフィックス長(IPv6)、ゲートウェイなどのサービス プロセッサ属性を表示および変更したり、サービス プロセッサのIPソースを設定できます。

コマンド ボタン

編集
[サービス プロセッサの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、サービス プロセッサのIPアドレス、ネットワーク マスク(IPv4)またはプレフィックス長(IPv6)、およびゲートウェイ情報を変更できます。
グローバル設定
[グローバル設定]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、すべてのサービス プロセッサに対してIPアドレスのソースを設定できます(DHCP、サブネット、手動のいずれか)。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

サービス プロセッサ リスト

ノード
サービス プロセッサが配置されるノードを指定します。
IPアドレス
サービス プロセッサのIPアドレスを指定します。
ステータス
サービス プロセッサのステータスを表示します。オンライン、オフライン、デーモン オフライン、ノード オフライン、デグレード、リブート、または不明のいずれかです。
MAC アドレス
サービス プロセッサのMACアドレスを指定します。

詳細領域

サービス プロセッサ リストの下の領域には、ネットワークの詳細を含む、サービス プロセッサの情報が表示されます。これには、ファームウェアのバージョンおよび自動更新が有効になっているかどうかなどの一般的な情報に加えて、IPアドレス、ネットワーク マスク(IPv4)またはプレフィックス長(IPv6)、ゲートウェイ、IPソース、MACアドレスなどのネットワークの詳細情報が含まれます。