データ保護ボリュームの編集

System Managerを使用して、データ保護(DP)ボリュームのボリューム名を変更することができます。ソース ボリュームでStorage Efficiencyが有効になっていない場合に、デスティネーション ボリュームでのみStorage Efficiencyを有効にすることもできます。

タスク概要

ミラーDPボリュームのStorage Efficiencyを変更することはできません。

手順

  1. [SVM]タブをクリックします。
  2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
  3. [ボリューム]タブをクリックします。
  4. プロパティを編集するデータ保護ボリュームを選択し、[編集]をクリックします。
  5. [データ保護ボリュームの編集]ダイアログ ボックスで、ボリューム名を変更します。
  6. [Storage Efficiencyを有効にする]を選択します。
    ボリュームでStorage Efficiencyがすでに有効になっている場合、このチェック ボックスは自動的にオンになります。
  7. オプション: [アドバンスト]タブをクリックし、次の手順を実行します。
    1. ボリュームに割り当てるキャッシング ポリシーを選択します。
    2. ボリュームのキャッシュ データの保持優先度を選択します。
    これらのオプションは、Flash Poolアグリゲートに含まれるデータ保護FlexVolに対してのみ使用できます。
  8. [保存]をクリックします。