サポートされる権限の一覧

Data ONTAPには、一連のサポートされる権限が事前に定義されています。特定の事前定義されたローカル グループには、これらの権限の一部がデフォルトで設定されています。事前定義グループの権限は追加、削除できます。また、新規のローカル ユーザまたはローカル グループを作成して、そのグループや、既存のドメイン ユーザおよびグループに権限を追加することもできます。

次の表に、Storage Virtual Machine(SVM)でサポートされる権限の一覧と、その権限が割り当てられているBUILTINグループを示します。
権限の名前 デフォルトのセキュリティ設定 説明
SeTcbPrivilege なし オペレーティング システムの一部として機能
SeBackupPrivilege BUILTIN\AdministratorsBUILTIN\Backup Operators ACLを無視してファイルとディレクトリをバックアップ
SeRestorePrivilege BUILTIN\AdministratorsBUILTIN\Backup Operators ファイルおよびディレクトリをリストアし、ACLを上書き
SeTakeOwnershipPrivilege BUILTIN\Administrators ファイルなどの、オブジェクトの所有権を取得
SeSecurityPrivilege BUILTIN\Administrators 監査の管理

セキュリティ ログの表示、ダンプ、消去など。

SeChangeNotifyPrivilege BUILTIN\AdministratorsBUILTIN\Backup OperatorsBUILTIN\Power UsersBUILTIN\UsersEveryone トラバース チェックのバイパス

この権限を持つユーザは、フォルダ、シンボリックリンク、ジャンクションを経由するためのトラバース(x)権限は必要ありません。