[ネットワーク]ウィンドウ

[ネットワーク]ウィンドウでは、サブネット、ネットワーク インターフェイス、イーサネット ポート、ブロードキャスト ドメイン、FC / FCoEアダプタ、IPspaceなどのネットワーク コンポーネントのリストを確認し、ストレージ システムのそれらのコンポーネントを作成、編集、削除できます。

タブ

サブネット
サブネットのリストを確認し、ストレージ システムのサブネットを作成、編集、削除できます。
ネットワーク インターフェイス
ネットワーク インターフェイスのリストを確認し、ストレージ システムのネットワーク インターフェイスを作成、編集、削除できます。また、LIFを移行したり、インターフェイスのステータスを変更したり、インターフェイスをホーム ポートに戻したりできます。
イーサネット ポート
クラスタのポートを確認して編集できます。また、インターフェイス グループやVLANポートを作成、編集、削除できます。
ブロードキャスト ドメイン
ブロードキャスト ドメインのリストを確認し、ストレージ システムのドメインを作成、編集、削除できます。
FC / FCoEアダプタ
クラスタのポートを確認し、FC / FCoEアダプタの設定を編集できます。
IPspace
IPspaceとブロードキャスト ドメインのリストを確認し、ストレージ システムのIPspaceを作成、編集、削除できます。

[サブネット]タブ

コマンド ボタン

作成
[サブネットの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、ネットワーク インターフェイスを作成するための設定情報を含む新しいサブネットを作成できます。
編集
[サブネットの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、サブネットの名前、サブネット アドレス、IPアドレスの範囲、ゲートウェイの詳細など、サブネットの特定の属性を変更できます。
削除
選択したサブネットを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

サブネットのリスト

名前
サブネットの名前を示します。
サブネット IP / サブネット マスク
サブネット アドレスの詳細を示します。
ゲートウェイ
ゲートウェイのIPアドレスを示します。
利用可能
サブネット内の使用可能なIPアドレスの数を示します。
使用済み
サブネット内の使用済みのIPアドレスの数を示します。
総数
サブネット内のIPアドレスの総数(使用可能および使用済みの合計)を示します。
ブロードキャスト ドメイン
サブネットが属しているブロードキャスト ドメインを示します。
IPspace
サブネットが属しているIPspaceを示します。

詳細領域

サブネット リストの下の領域には、選択したサブネットに関する詳細情報が表示されます。これには、サブネットの範囲や、IPアドレスの使用可能数、使用済み数、総数を比較したグラフなどが含まれます。

[ネットワーク インターフェイス]タブ

コマンド ボタン

作成
[ネットワーク インターフェイスの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、SVMへのデータの提供とそれらの管理に使用するネットワーク インターフェイスおよびインタークラスタLIFを作成できます。
編集
[ネットワーク インターフェイスの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、データLIFの管理アクセスを有効にできます。
削除
選択したネットワーク インターフェイスを削除します。

このボタンは、データLIFが無効になっている場合にのみ使用できます。

ステータス
選択したネットワーク インターフェイスを有効、無効にするオプションを選択できるドロップダウン メニューを開きます。
移行
データLIFまたはクラスタ管理LIFを同じノードの別のポートやクラスタ内の別のノードに移行できます。
ホームに送信
LIFのホストをホーム ポートに戻すことができます。

このコマンド ボタンは、選択したインターフェイスがホーム以外のポートでホストされていて、かつホーム ポートが使用可能である場合にのみ使用できます。

クラスタのいずれかのノードが停止している場合は使用できません。

リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

インターフェイスのリスト

色分けされたアイコンの上にポインタを移動すると、インターフェイスの動作ステータスが表示されます。

インターフェイス名
ネットワーク インターフェイスの名前を示します。
Storage Virtual Machine
インターフェイスが属しているSVMを示します。
IP アドレス / WWPN
インターフェイスのIPアドレスまたはWWPNを示します。
現在のポート
インターフェイスがホストされているノードおよびポートの名前を示します。
データ プロトコル アクセス
データへのアクセスに使用するプロトコルを示します。
管理アクセス
インターフェイスで管理アクセスが有効になっているかどうかを示します。
サブネット
インターフェイスが属しているサブネットを示します。
ロール
インターフェイスのロールを示します。データ、クラスタ間、クラスタ、クラスタ管理、ノード管理のいずれかになります。

詳細領域

インターフェイス リストの下の領域には、選択したインターフェイスに関する詳細情報が表示されます。これには、ホーム ポート、現在のポート、ポートの速度、フェイルオーバー ポリシー、フェイルオーバー グループ、フェイルオーバー状態などのフェイルオーバーのプロパティと、管理ステータス、ロール、IPspace、ブロードキャスト ドメイン、ネットワーク マスク、ゲートウェイ、DDNSステータスなどの全般的なプロパティが含まれます。

[イーサネット ポート]タブ

コマンド ボタン

インターフェイス グループの作成
[インターフェイス グループの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、ポートを選択し、ポートの用途とネットワーク トラフィックの分散方法を設定して、インターフェイス グループを作成できます。
VLAN の作成
[VLAN の作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、イーサネット ポートまたはインターフェイス グループを選択し、VLANタグを追加して、VLANを作成できます。
編集
次のいずれかのダイアログ ボックスを開きます。
  • [イーサネット ポートの編集]ダイアログ ボックス:イーサネット ポートの設定を変更できます。
  • [VLAN の編集]ダイアログ ボックス:VLANの設定を変更できます。
  • [インターフェイス グループの編集]ダイアログ ボックス:インターフェイス グループを変更できます。

VLANは、ブロードキャスト ドメインと関連付けられていないVLANのみが編集できます。

削除
次のいずれかのダイアログ ボックスを開きます。
  • [VLAN の削除]ダイアログ ボックス:VLANを削除できます。
  • [インターフェイス グループの削除]ダイアログ ボックス:インターフェイス グループを削除できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

ポートのリスト

色分けされたアイコンの上にポインタを移動すると、ポートの動作ステータスが表示されます。

ポート
物理ポート、VLANポート、またはインターフェイス グループのポート名が表示されます。
ノード
物理インターフェイスが配置されているノードが表示されます。
ブロードキャスト ドメイン
ポートのブロードキャスト ドメインが表示されます。
IPspace
ポートが属しているIPspaceが表示されます。
タイプ
インターフェイスのタイプ(インターフェイス グループ、物理インターフェイス、VLANなど)が表示されます。

詳細領域

ポート リストの下の領域には、ポートのプロパティに関する詳細情報が表示されます。

[詳細]タブ
管理や動作の詳細が表示されます。

動作の詳細の1つとして、ポートのヘルス ステータスが表示されます。これは、正常またはデグレード状態のどちらかになります。ポートがデグレード状態になるのは、ネットワークの変動が継続的に発生している場合、または同じブロードキャスト ドメインの他のポートに接続されていない場合です。

このタブには、ほかにも、選択したポートでホストされているネットワーク インターフェイスのインターフェイス名、SVMの詳細、IPアドレスの詳細が表示されます。また、そのインターフェイスがホーム ポートにあるかどうかも表示されます。
[パフォーマンス]タブ
エラー率やスループットなど、イーサネット ポートのパフォーマンス指標のグラフが表示されます。

クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォーマンス指標のグラフも変わります。最新のグラフを表示するには、ブラウザの表示を更新してください。

[ブロードキャスト ドメイン]タブ

コマンド ボタン

作成
[ブロードキャスト ドメインの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、ポートを含める新しいブロードキャスト ドメインを作成できます。
編集
[ブロードキャスト ドメインの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、ブロードキャスト ドメインの名前、MTUサイズ、関連付けられているポートなどの属性を変更できます。
削除
選択したブロードキャスト ドメインを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

ブロードキャスト ドメインのリスト

ブロードキャスト ドメイン
ブロードキャスト ドメインの名前を示します。
MTU
MTUサイズを示します。
IPspace
IPspaceを示します。
ポートの更新ステータス
ブロードキャスト ドメインの作成、編集時にポートの更新ステータスを示します。ポートの更新エラーがある場合は、該当するリンクをクリックすると別ウィンドウに表示されます。

詳細領域

ブロードキャスト ドメイン リストの下の領域には、ブロードキャスト ドメインに含まれるすべてのポートが表示されます。デフォルト以外のIPspace内のブロードキャスト ドメインの場合は、更新エラーが発生しているポートは詳細領域に表示されません。色分けされたアイコンの上にポインタを移動すると、ポートの動作ステータスが表示されます。
  • 緑 - ポートが有効になっていることを示します。
  • 赤 - ポートが無効になっていることを示します。

[FC / FCoE アダプタ]タブ

コマンド ボタン

編集
[FC / FCoE の設定の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、アダプタの速度を変更できます。
ステータス
アダプタをオンラインまたはオフラインにすることができます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

FC / FCoEアダプタのリスト

WWNN
FC / FCoEアダプタの一意の識別子を示します。
ノード名
アダプタを使用しているノードの名前を示します。
スロット
アダプタを使用しているスロットを示します。
WWPN
アダプタのFC World Wide Port Name(WWPN)を示します。
ステータス
アダプタのステータスがオンラインとオフラインのどちらであるかを示します。
速度
速度の設定が自動と手動のどちらであるかを示します。

詳細領域

FC / FCoEアダプタ リストの下の領域には、選択したアダプタに関する詳細情報が表示されます。

[詳細]タブ
メディア タイプ、ポート アドレス、データ リンク速度、接続ステータス、処理ステータス、ファブリック ステータス、速度など、アダプタの詳細情報が表示されます。
[パフォーマンス]タブ
IOPSや応答時間など、FC / FCoEアダプタのパフォーマンス指標のグラフが表示されます。

クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォーマンス指標のグラフも変わります。最新のグラフを表示するには、ブラウザの表示を更新してください。

[IPspace]タブ

コマンド ボタン

作成
[IPspace の作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、新しいIPspaceを作成できます。
編集
[IPspace の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、既存のIPspaceの名前を変更できます。
削除
選択したIPspaceを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

IPspaceのリスト

名前
IPspaceの名前を示します。
ブロードキャスト ドメイン
ブロードキャスト ドメインを示します。

詳細領域

IPspaceリストの下の領域には、選択したIPspace内のStorage Virtual Machine(SVM)のリストが表示されます。