OnCommand System Managerのブラウザベースのグラフィカル インターフェイスを使用したクラスタへのアクセス

コマンドライン インターフェイス(CLI)ではなくグラフィカル インターフェイスを使用してクラスタにアクセスして管理するには、OnCommand System Managerを使用します。OnCommand System ManagerはONTAPに搭載されているWebサービスでデフォルトで有効になっており、ブラウザを使用してアクセスできます。

開始する前に

タスク概要

OnCommand System Managerには、クラスタ管理LIFとノード管理LIFのどちらかを使用してアクセスできます。OnCommand System Managerに無停止でアクセスするには、クラスタ管理LIFを使用する必要があります。

手順

  1. Webブラウザで、クラスタ管理LIFのIPアドレスを指定してアクセスします。
    • IPv4を使用する場合: https://cluster-mgmt-LIF
    • IPv6を使用する場合: https://[cluster-mgmt-LIF]

    OnCommand System Managerのブラウザ アクセスでサポートされるのはHTTPSのみです。

    自己署名のデジタル証明書がクラスタで使用されている場合、信頼されていない証明書であることを伝える警告がブラウザ画面に表示されることがあります。危険を承諾してアクセスを続行するか、認証局(CA)の署名のあるデジタル証明書をクラスタにインストールしてサーバを認証します。
  2. オプション: CLIを使用してアクセス バナーを設定した場合は、[Warning]ダイアログ ボックスに表示されるメッセージを確認し、必要なオプションを選択して続行します。
    Security Assertion Markup Language(SAML)認証が有効になっているシステムでは、このオプションはサポートされていません。
    • 続行しない場合は、[Cancel]をクリックし、ブラウザを閉じます。
    • 続行する場合は、[OK]をクリックしてOnCommand System Managerのログイン ページに移動します。
  3. クラスタ管理者のクレデンシャルを使用してOnCommand System Managerにログインします。