SVMの削除

System Managerを使用して、不要になったStorage Virtual Machine(SVM)をストレージ システム構成から削除できます。

開始する前に

次の作業を完了しておきます。
  1. すべてのボリュームのSnapshotコピー、データ保護(DP)ミラー、および負荷共有(LS)ミラーを無効にします。
    注:LSミラーを無効にするには、コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用する必要があります。
  2. FlexVolを備えたSVMを削除する場合は、SVMに属するすべてのigroupを手動で削除します。
  3. ポートセットをすべて削除します。
  4. ルート ボリュームを含め、SVM内のボリュームをすべて削除します。
  5. LUNのマッピングを解除し、オフラインにして削除します。
  6. SVMを削除する場合は、CIFSサーバを削除します。
  7. SVMに関連付けられている、カスタマイズされたユーザ アカウントとロールをすべて削除します。
  8. CLIを使用して、SVMに関連付けられているNVMeサブシステムをすべて削除します。
  9. SVMを停止します。

タスク概要

SVMを削除すると、SVMに関連付けられている次のオブジェクトも削除されます。
  • LIF、LIFフェイルオーバー グループ、およびLIFルーティング グループ
  • エクスポート ポリシー
  • 効率化ポリシー

Kerberosを使用するように設定されているSVMを削除したり、別のService Principal Name(SPN;サービス プリンシパル名)を使用するようにSVMを変更したりした場合、SVMの元のサービス プリンシパルは自動的に削除されず、またKerberos Realmからも無効になりません。元のプリンシパルは、手動で削除するか、無効にする必要があります。プリンシパルを削除または無効にするためには、Kerberos Realm管理者のユーザ名とパスワードが必要です。

あるSVMを削除する前に別のSVMにそのSVMのデータを移動しておく場合は、SnapMirrorテクノロジを使用します。

手順

  1. [ストレージ] > [SVM]をクリックします。
  2. 削除するSVMを選択し、[削除]をクリックします。
  3. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。