SVMの管理

Storage Virtual Machine(SVM)管理者は、クラスタ管理者によって割り当てられた権限に応じて、SVMおよびそのリソース(ボリューム、プロトコル、サービスなど)を管理できます。SVM管理者は、SVMを作成、変更、または削除できません。

注:SVM管理者は、System Managerにログインできません。
SVM管理者は、次に示す管理作業のすべてまたは一部を実施できます
  • データ アクセス プロトコルの設定

    SVM管理者は、NFS、CIFS、iSCSI、およびFibre Channel(FC、FCoEを含む)などのデータ アクセス プロトコルを設定できます。

  • サービスの設定

    SVM管理者は、LDAP、NIS、DNSなどのサービスを設定できます。

  • ストレージ管理

    SVM管理者は、ボリューム、クォータ、qtree、およびファイルを管理できます。

  • SAN環境でのLUN管理
  • ボリュームのSnapshotコピーの管理
  • SVMの監視

    SVM管理者は、ジョブ、ネットワーク接続、ネットワーク インターフェイス、およびSVMのヘルスを監視できます。