ソースSVMからのミラー関係の作成

System Managerを使用して、ミラー関係をソースStorage Virtual Machine(SVM)から作成し、ミラー ポリシーとスケジュールをそのミラー関係に割り当てることができます。ミラー コピーを作成しておけば、ソース ボリュームのデータが破損した場合や失われた場合でも、データをすぐに使用することができます。

開始する前に

タスク概要

手順

  1. [ストレージ] > [ボリューム]をクリックします。
  2. [SVMのボリューム]リストから、[すべてのSVM]を選択します。
  3. ミラー関係を作成するボリュームを選択し、[その他の操作] > [保護]をクリックします。
    [保護]オプションは、読み書き可能ボリュームでのみ使用できます。
  4. [ボリューム関係のタイプ]リストから[ミラー]を選択します。
  5. クラスタとSVMを指定し、デスティネーション ボリュームの名前に付けるサフィックスを入力します。
    指定したクラスタでONTAP 9.3より前のバージョンのONTAPソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定されたSVMだけがリストに表示されます。指定したクラスタでONTAP9.3以降が実行されている場合は、ピア関係が設定されたSVMと許可されたSVMが表示されます。
  6. オプション: をクリックして保護ポリシーと保護スケジュールを更新し、FabricPool対応アグリゲートを選択して、保護関係を初期化します。
  7. [保存]をクリックします。

タスクの結果

dpタイプの新しいデスティネーション ボリュームが作成されます。デフォルトの設定は次のとおりです。

デスティネーションFlexVolがソースFlexVolとは異なるSVMにある場合は、2つのSVM間のピア関係が作成されます(まだ存在しない場合)。

ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの間のミラー関係が作成されます。関係を初期化するように選択した場合は、ベースSnapshotコピーがデスティネーション ボリュームに転送されます。