[Storage Virtual Machine]ウィンドウ

[Storage Virtual Machine]ウィンドウを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)を管理したり、SVMに関する情報を表示したりできます。

System Managerを使用して、ディザスタ リカバリ(DR)用に設定されたSVMを管理(作成、編集、削除、開始、または停止)することはできません。 また、アプリケーション インターフェイスでは、ディザスタ リカバリ用に設定されたSVMに関連付けられたストレージ オブジェクトを表示することもできません。

コマンド ボタン

作成
Storage Virtual Machine(SVM)のセットアップウィザードを表示します。このウィザードで、新しいSVMを作成できます。
編集
[Storage Virtual Machine の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択したSVMのプロパティ(ネーム サービス スイッチ、ネーム マッピング スイッチ、アグリゲート リストなど)を変更できます。
削除
選択したSVMを削除します。
開始
選択したSVMを起動します。
停止
選択したSVMを停止します。
管理
選択したSVMのストレージ、ポリシー、および設定を管理します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

SVMリスト

SVMリストには、各SVMの名前と、そのSVMで使用可能なプロトコルが表示されます。

System Managerで表示できるのはデータSVMだけです。

名前
SVMの名前が表示されます。
状態
SVMの状態(実行中、起動中、停止、停止中など)が表示されます。
サブタイプ
SVMのサブタイプが表示されます。サブタイプは次のいずれかになります。
  • default

    SVMがデータ提供用SVMであることを示します。

  • dp-destination

    SVMがディザスタ リカバリ用に設定されていることを示します。

  • sync-source

    SVMがMetroCluster構成のプライマリ サイト内にあることを示します。

  • sync-destination

    SVMがMetroCluster構成のセカンダリ サイト内にあることを示します。

許可されたプロトコル
SVMで許可されているプロトコル(CIFSやNFSなど)が表示されます。
IPspace
関連付けられたSVMのIPspaceが表示されます。
ボリュームの種類
SVMで許可されているボリューム タイプ(FlexVolやInfinite Volumeなど)が表示されます。
設定状態
SVMの設定状態がロックされているかどうかが表示されます。

詳細領域

SVMのリストの下の領域には、選択したSVMに関する詳細情報が表示されます。これには、許可されているボリュームのタイプ、言語、Snapshotポリシーなどの情報が含まれます。

このSVMで許可されるプロトコルを設定することもできます。SVMの作成時にプロトコルを設定していない場合は、プロトコルのリンクをクリックしてプロトコルを設定できます。

System Managerを使用して、ディザスタ リカバリ用に設定されたSVMのプロトコルを設定することはできません。

注:SVMに対してすでにFCPサービスが開始されている場合は、FCおよびFCoEのリンクをクリックすると[ネットワーク インターフェイス]ウィンドウが開きます。

プロトコルの設定のステータスが色で示されます。

ステータス 説明
LIFが存在し、プロトコルが設定されています。
リンクをクリックして設定の詳細を確認できます。
注:設定は完全には完了していない可能性があります。ただし、サービスは実行されています。LIFを作成し、設定を完了するには、[ネットワーク インターフェイス]ウィンドウを使用します。
次のいずれかを示します。
  • LIFが存在します。サービスは作成されていますが実行されていません。
  • LIFが存在します。サービスは作成されていません。
  • サービスが作成されています。LIFは存在しません。
グレー プロトコルが設定されていません。プロトコルのリンクをクリックしてプロトコルを設定できます。
グレーの枠線 プロトコルのライセンスがないか期限が切れています。プロトコルのリンクをクリックして、[ライセンス]ページでライセンスを追加できます。

[ピア Storage Virtual Machine]領域

選択したSVMとピア関係にあるSVMのリストと、それらのピア関係を使用しているアプリケーションの詳細が表示されます。