デスティネーションSVMからのミラーとバックアップ関係の作成

System Managerを使用して、ミラーとバックアップ関係をデスティネーションStorage Virtual Machine(SVM)から作成することができます。この関係を作成すると、ソース ボリュームからデスティネーション ボリュームにデータを定期的に転送して、データの保護を強化できます。また、ソース ボリュームのバックアップを作成して、データを長期にわたって保持することもできます。

開始する前に

タスク概要

手順

  1. [保護] > [関係]をクリックします。
  2. [関係]ウィンドウで、[作成]をクリックします。
  3. [SVMを参照]ダイアログ ボックスで、デスティネーション ボリューム用のSVMを選択します。
  4. [保護関係の作成]ダイアログ ボックスで、[関係のタイプ]ドロップダウン リストから[ミラーとバックアップ]を選択します。
  5. クラスタ、SVM、およびソース ボリュームを指定します。
    指定したクラスタでONTAP 9.3より前のバージョンのONTAPソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定されたSVMだけがリストに表示されます。指定したクラスタでONTAP9.3以降が実行されている場合は、ピア関係が設定されたSVMと許可されたSVMが表示されます。
  6. ボリューム名サフィックスを入力します。
    このボリューム名サフィックスをソース ボリュームの名前に付けたものがデスティネーション ボリュームの名前として使用されます。
  7. オプション: [参照]をクリックし、ミラーとバックアップ ポリシーを変更します。
    ソース ボリュームに関連付けられたSnapshotポリシーと最も多くのラベルが一致するポリシーを選択できます。
  8. 既存のスケジュールのリストから関係のスケジュールを選択します。
  9. オプション: 関係を初期化する場合は、[関係の初期化]を選択します。
  10. FabricPool対応アグリゲートを有効にし、適切な階層化ポリシーを選択します。
  11. [検証]をクリックして、選択したボリュームに一致するラベルがあるかどうかを確認します。
  12. [作成]をクリックします。