[ネーム マッピング]ウィンドウ

[ネーム マッピング]ウィンドウでは、異なるプラットフォーム間でユーザをマッピングするためのネーム マッピング エントリを指定できます。Infinite VolumeでNFSv4.1 ACLとSMBの両方がサポートされている場合は、グループ マッピングの設定も行うことができます。

ネーム マッピング

ネーム マッピングを作成して使用することにより、UNIXユーザからWindowsユーザ、WindowsユーザからUNIXユーザ、KerberosユーザからUNIXユーザへのマッピングが可能です。

コマンド ボタン

追加
[ネーム マッピング エントリの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、Storage Virtual Machine(SVM)のネーム マッピングを作成できます。
編集
[ネーム マッピング エントリの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、SVMのネーム マッピングを編集できます。
削除
[ネーム マッピング エントリの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、ネーム マッピング エントリを削除できます。
スワップ
[ネーム マッピング エントリのスワップ]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択した2つのネーム マッピング エントリの位置を入れ替えることができます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

ネーム マッピングのリスト

位置
優先順位リスト内でのネーム マッピングの位置を示します。ネーム マッピングは、優先順位リストの順序に従って適用されます。
パターン
照合するユーザ名のパターンを示します。
リプレースメント
変換後のユーザ名のパターンを示します。
方向
ネーム マッピングの方向を示します。KerberosからUNIXへのネーム マッピングの場合はkrb_unix、WindowsからUNIXへのネーム マッピングの場合はwin_unix、UNIXからWindowsへのネーム マッピングの場合はunix_winになります。

グループ マッピング

Infinite VolumeでNFSv4.1 ACLとSMBの両方がサポートされている場合は、グループ マッピングを作成して使用することにより、UNIXグループからWindowsグループ、WindowsグループからUNIXグループ、KerberosグループからUNIXグループへのマッピングが可能です。

コマンド ボタン

追加
[グループ マッピング エントリの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、SVMのグループ マッピングを作成できます。
編集
[グループ マッピング エントリの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、SVMのグループ マッピングを編集できます。
削除
[グループ マッピング エントリの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、グループ マッピング エントリを削除できます。
スワップ
[グループ マッピング エントリのスワップ]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択した2つのグループ マッピング エントリの位置を入れ替えることができます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

グループ マッピングのリスト

位置
優先順位リスト内でのグループ マッピングの位置を示します。グループ マッピングは、優先順位リストの順序に従って適用されます。
パターン
照合するユーザ名のパターンを示します。
リプレースメント
変換後のユーザ名のパターンを示します。
方向
グループ マッピングの方向を示します。KerberosからUNIXへのグループ マッピングの場合はkrb_unix、WindowsからUNIXへのグループ マッピングの場合はwin_unix、UNIXからWindowsへのグループ マッピングの場合はunix_winになります。