最大スループット制限の仕組み

ストレージQoSポリシー グループには、1つのサービス レベル目標、つまり最大スループット制限を指定できます。最大スループット制限は、IOPS、Mbps、またはその両方の単位で定義します。ポリシー グループ内のすべてのワークロードのスループットの合計がこの値を超えることはできません。

あるポリシー グループに最大スループットを指定すると、ストレージQoSは、そのポリシー グループ内のすべてのワークロードの合計スループットがこの最大スループットを超えることがないように、クライアント処理を制御します。

たとえば、「untested_apps」というポリシー グループを作成し、最大スループットとして300Mbpsを指定したとします。このポリシー グループに3つのボリュームを割り当てます。3つのボリュームを合わせたスループットが300Mbpsを超えることはできません。

注:あるポリシー グループ内の各ワークロードの合計スループットは、最大スループットを10%までは超えることができます。このような例外的な状況は、あるワークロードのスループットが急激に変化(「ワークロードの集中」)した場合に発生することがあります。

最大スループットの指定については、次の点に注意してください。