[エクスポート ポリシー]ウィンドウ

[エクスポート ポリシー]ウィンドウでは、エクスポート ポリシーに関する情報および関連するエクスポート ルールを作成、表示、および管理できます。

エクスポート ポリシー

[エクスポート ポリシー]ウィンドウで、Storage Virtual Machine(SVM)用に作成したエクスポート ポリシーを表示および管理できます。

コマンド ボタン
  • 作成

    [エクスポート ポリシーの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、エクスポート ポリシーを作成し、エクスポート ルールを追加できます。また、既存のSVMからエクスポート ルールをコピーすることもできます。

  • 名前変更

    [ポリシーの名前変更]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択したエクスポート ポリシーの名前を変更できます。

  • 削除

    [エクスポート ポリシーの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択したエクスポート ポリシーを削除できます。

  • リフレッシュ

    ウィンドウ内の情報を更新します。

[エクスポート ルール]タブ

[エクスポート ルール]タブでは、特定のエクスポート ポリシー用に作成したエクスポート ルールに関する情報を表示できます。ルールを追加、編集、または削除することもできます。

コマンド ボタン
  • 追加

    [エクスポート ルールの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択したエクスポート ポリシーにエクスポート ルールを追加できます。

  • 編集

    [エクスポート ルールの変更]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択したエクスポート ルールの属性を変更できます。

  • 削除

    [エクスポート ルールの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択したエクスポート ルールを削除できます。

  • 上へ

    選択したエクスポート ルールのルール インデックスを上に移動します。

  • 下へ

    選択したエクスポート ルールのルール インデックスを下に移動します。

  • リフレッシュ

    ウィンドウ内の情報を更新します。

エクスポート ルールのエクスポート
  • ルール インデックス

    エクスポート ルールを処理する優先順位を指定します。[上へ]ボタンと[下へ]ボタンを使用して優先順位を指定できます。

  • クライアント

    ルールを適用するクライアントを指定します。

  • アクセス プロトコル

    エクスポート ルールに対して指定されているアクセス プロトコルが表示されます。

    アクセス プロトコルを指定しないと、デフォルト値の「いずれか」が使用されます。

  • 読み取り専用ルール

    読み取り専用アクセスのセキュリティ タイプを1つ以上指定します。

  • 読み取り / 書き込みルール

    読み取り / 書き込みアクセスのセキュリティ タイプを1つ以上指定します。

  • スーパーユーザ アクセス

    スーパーユーザ アクセスのセキュリティ タイプを1つ以上指定します。

[割り当て済みオブジェクト]タブ

[割り当て済みオブジェクト]タブでは、選択したエクスポート ポリシーに割り当てられているボリュームやqtreeを表示できます。ボリュームが暗号化されているかどうかも確認できます。