データ圧縮と重複排除

Data ONTAP 8.0.1以降では、重複排除とともにデータ圧縮がサポートされています。

FlexVolに対してデータ圧縮と重複排除の両方を有効にすると、最初にデータが圧縮されてから重複が排除されます。このため、FlexVol内の重複するブロックが重複排除によって削除され、スペースがさらに削減されます。

FlexVolに対してデータ圧縮と重複排除の両方を有効にした場合の削減効果は、この2つをデータセットに対して個別に実行した場合の合計になるとはかぎりません。組み合わせて実行すると、重複排除やデータ圧縮を個別に実行した場合よりも高い効果が得られることがあります。

データ圧縮スキャンを実行してから重複排除を実行すると、より高い削減効果を得ることができます。データ圧縮スキャンは重複排除でロックされたデータに対しては実行できませんが、重複排除は圧縮されたデータに対しても実行できます。

次の図に、データを圧縮してから重複を排除する仕組みを示します。


データの圧縮と重複排除の仕組みを示す図

圧縮されていないデータを含むFlexVolに対して重複排除を実行すると、FlexVol内の圧縮されていないブロックがすべてスキャンされ、それらのブロックのそれぞれについてデジタル フィンガープリントが作成されます。

注:圧縮されたデータがFlexVolに含まれている場合に、そのボリュームに対する圧縮オプションが無効になっていると、sis undoコマンドを実行したときのスペースの削減効果が得られないことがあります。