[外部の大容量階層]ウィンドウ

System Managerを使用して、外部の大容量階層を追加、編集、削除したり、詳細を表示したりできます。

[外部の大容量階層]パネルには、ライセンス設定済みの外部の大容量階層について、クラスタ内の合計数、クラスタで使用済みのスペース、およびクラスタで使用可能なスペースが表示されます。[外部の大容量階層]パネルには、ライセンス未設定の使用済み外部容量も表示されます。

コマンド ボタン

追加
外部の大容量階層を追加できます。
アグリゲートの接続
外部の大容量階層にアグリゲートを接続できます。
削除
選択した外部の大容量階層を削除できます。
編集

選択した外部の大容量階層のプロパティを変更できます。

詳細領域

外部の大容量階層に関する詳細情報(外部の大容量階層のリスト、オブジェクト ストアの詳細、使用されるアグリゲート、使用済み容量など)を表示できます。

コマンドライン インターフェイス(CLI)で作成したStorageGRID、Amazon AWS S3、およびMicrosoft Azure Blob Storage以外の外部の大容量階層は、System Managerでは[その他]として表示されます。この外部の大容量階層にアグリゲートを接続できます。