ストレージ プールの作成

ストレージ プールはSSD(キャッシュ ディスク)の集合です。System Managerを使用して複数のSSDを組み合わせてストレージ プールを作成すると、HAペア間でSSDとSSDスペアを共有し、2つ以上のFlash Poolアグリゲートに同時に割り当てることができます。

開始する前に

タスク概要

ストレージ プールへのディスクの追加にSSDを使用する際、System Managerは、SSD RAIDグループにホット スペア ルールを適用します。 たとえば、SSD RAIDグループにSSDが10本あり、オプションraid.min_spare_countがノード レベルで1に設定されている場合、System Managerは1本のSSDをホット スペアとして残し、他の9本をSSD関連の処理に使用します。

System Managerを使用してストレージ プールを作成する場合、パーティショニングされたSSDを使用することはできません。

手順

  1. [ストレージ] > [アグリゲートとディスク] > [ストレージ プール]をクリックします。
  2. [ストレージ プール]ウィンドウで、[作成]をクリックします。
  3. [ストレージ プールの作成]ダイアログ ボックスで、ストレージ プールの名前、ディスク サイズ、およびディスク数を指定します。
  4. [作成]をクリックします。