[Storage Virtual Machine]ウィンドウ

[Storage Virtual Machine]ウィンドウを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)を管理したり、SVMに関する情報を表示したりできます。

ディザスタ リカバリ(DR)用に設定されたSVMは、System Managerを使用して管理(作成、編集、削除、開始、または停止)できません。また、ディザスタ リカバリ用に設定されたSVMに関連付けられたストレージ オブジェクトを表示することもできません。

コマンド ボタン

作成
Storage Virtual Machine(SVM)のセットアップウィザードを表示します。このウィザードで、新しいSVMを作成できます。
編集
[Storage Virtual Machine の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択したSVMのプロパティ(ネーム サービス スイッチ、ネーム マッピング スイッチ、アグリゲート リストなど)を変更できます。
削除
選択したSVMを削除します。
開始
選択したSVMを起動します。
停止
選択したSVMを停止します。
管理
選択したSVMのストレージ、ポリシー、および設定を管理します。
保護処理
次のオプションが用意されています。
初期化
SVM関係を初期化して、ソースSVMからデスティネーションSVMへのベースライン転送を実行できます。
更新
ソースSVMからデスティネーションSVMにデータを更新できます。
デスティネーションSVMのアクティブ化
デスティネーションSVMをアクティブ化できます。
ソースSVMからの再同期
解除した関係の再同期を開始できます。
デスティネーションSVMからの再同期(逆再同期)
デスティネーションSVMからソースSVMに関係を再同期できます。
ソースSVMの再アクティブ化
ソースSVMを再アクティブ化できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

SVMリスト

SVMリストには、各SVMの名前と、そのSVMで使用可能なプロトコルが表示されます。

System Managerで表示できるのはデータSVMだけです。

名前
SVMの名前が表示されます。
状態
SVMの状態(実行中、起動中、停止、停止中など)が表示されます。
サブタイプ
SVMのサブタイプが表示されます。サブタイプは次のいずれかになります。
  • default

    SVMがデータ提供用SVMであることを示します。

  • dp-destination

    SVMがディザスタ リカバリ用に設定されていることを示します。

  • sync-source

    SVMがMetroCluster構成のプライマリ サイト内にあることを示します。

  • sync-destination

    SVMがMetroCluster構成のセカンダリ サイト内にあることを示します。

許可されたプロトコル
SVMで許可されているプロトコル(CIFSやNFSなど)が表示されます。
IPspace
関連付けられたSVMのIPspaceが表示されます。
ボリューム タイプ
各SVMで許可されているボリューム タイプ(FlexVolなど)が表示されます。
保護
SVMが保護されているかどうかが表示されます。
設定状態
SVMの設定状態がロックされているかどうかが表示されます。

詳細領域

SVMのリストの下の領域には、選択したSVMに関する詳細情報が表示されます。これには、許可されているボリュームのタイプ、言語、Snapshotポリシーなどの情報が含まれます。

このSVMで許可されるプロトコルを設定することもできます。SVMの作成時にプロトコルを設定していない場合は、プロトコルのリンクをクリックしてプロトコルを設定できます。

System Managerを使用して、ディザスタ リカバリ用に設定されたSVMのプロトコルを設定することはできません。

注:SVMに対してすでにFCPサービスが開始されている場合は、FCおよびFCoEのリンクをクリックすると[ネットワーク インターフェイス]ウィンドウが開きます。

プロトコルの設定のステータスが色で示されます。

ステータス 説明
LIFが存在し、プロトコルが設定されています。
リンクをクリックして設定の詳細を確認できます。
注:設定は完全には完了していない可能性があります。ただし、サービスは実行されています。LIFを作成し、設定を完了するには、[ネットワーク インターフェイス]ウィンドウを使用します。
次のいずれかを示します。
  • LIFが存在します。サービスは作成されていますが実行されていません。
  • LIFが存在します。サービスは作成されていません。
  • サービスが作成されています。LIFは存在しません。
グレー プロトコルが設定されていません。プロトコルのリンクをクリックしてプロトコルを設定できます。
グレーの枠線 プロトコルのライセンスがないか期限が切れています。プロトコルのリンクをクリックして、[ライセンス]ページでライセンスを追加できます。

管理インターフェイスを追加し、保護関係、保護ポリシー、NISドメインなどの詳細を表示することもできます。

詳細領域には、SVMのパブリックSSL証明書へのリンクもあります。このリンクをクリックすると、次の作業を実行できます。

[ピア Storage Virtual Machine]領域

選択したSVMとピア関係にあるSVMのリストと、それらのピア関係を使用しているアプリケーションの詳細が表示されます。