[ノード]ウィンドウ

[ノード]ウィンドウを使用すると、クラスタ内のノードの詳細を表示できます。

コマンド ボタン

ComplianceClockの初期化
選択したノードのComplianceClockをシステム クロックの現在の値に初期化します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

ノードのリスト

名前
ノードの名前が表示されます。
状態
ノードの状態(稼働しているかどうか)が表示されます。
アップタイム
ノードの稼働期間が表示されます。
ONTAPのバージョン
ノードにインストールされているONTAPのバージョンが表示されます。
モデル
ノードのプラットフォーム モデル番号が表示されます。
システム ID
ノードのIDが表示されます。
シリアル番号
ノードのシリアル番号が表示されます。

詳細領域

選択したノードに関する詳細情報が表示されます。

[詳細]タブ
選択したノードに関する情報が表示されます。これには、ノードの名前、ノードの状態、ノードの稼働期間などの情報が含まれます。
[パフォーマンス]タブ
選択したノードのスループット、IOPS、レイテンシが表示されます。

クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォーマンス指標のグラフも変わります。最新のグラフを表示するには、ブラウザの表示を更新してください。