AutoSupport設定の有効化と無効化

System Managerを使用して、ストレージ システムでAutoSupport設定を有効または無効にすることができます。AutoSupportメッセージを使用すると、ストレージ システムのヘルスを監視したり、テクニカル サポートや社内のサポート部門に通知を送信したりできます。

タスク概要

AutoSupportオプションは、デフォルトで有効に設定されています。

手順

  1. > [AutoSupport]をクリックします。
  2. ノードを選択し、[有効化]または[無効化]をクリックします。
  3. [OK]をクリックします。
  4. 表示されるAutoSupportのステータスで変更内容が正しく反映されていることを確認します。