FabricPool対応アグリゲートの手動作成によるストレージのプロビジョニング

System ManagerでFabricPool対応アグリゲートを作成して、SSDアグリゲートにクラウド階層を接続することができます。

開始する前に

タスク概要

手順

  1. 次のいずれかの方法を使用してFabricPool対応アグリゲートを作成します。
    • [アプリケーションと階層] > [ストレージ階層] > [アグリゲートの追加]をクリックします。
    • [ストレージ] > [アグリゲートとディスク] > [アグリゲート] > [作成]をクリックします。
  2. [アグリゲートを手動で作成する]オプションを有効にしてアグリゲートを作成します。
  3. FabricPool対応アグリゲートを作成するには、次の手順を実行します。
    1. アグリゲート名、ディスク タイプ、およびアグリゲートに含めるディスクまたはパーティションの数を指定します。
      注:FabricPool対応アグリゲートは、オールフラッシュ(オールSSD)アグリゲートでのみサポートされます。

      ディスク サイズが最大のディスク グループに対して、最小限のホット スペアのルールが適用されます。

    2. オプション: 次の手順で、アグリゲートのRAID構成を変更します。
      1. [変更]をクリックします。
      2. [RAID構成の変更]ダイアログ ボックスで、RAIDタイプとRAIDグループ サイズを指定します。

        共有ディスクではRAIDタイプとしてRAID-DPとRAID-TECの2つがサポートされます。

      3. [保存]をクリックします。
  4. [FabricPool]チェック ボックスを選択し、リストからクラウド階層を選択します。
  5. [作成]をクリックします。