ミラーとバックアップ関係の編集

System Managerを使用して、選択したポリシーやスケジュールを変更することで、ミラーとバックアップ関係を編集することができます。ただし、既存のポリシーやスケジュールのパラメータを編集することはできません。

開始する前に

ソース クラスタとデスティネーション クラスタで正常なピア関係が確立されている必要があります。

タスク概要

バージョンに依存しないミラー関係、バックアップ関係、またはミラーとバックアップ関係について、ポリシーのタイプを変更することで関係のタイプを変更することができます。

手順

  1. [保護] > [ボリューム関係]をクリックします。
  2. 変更するミラーとバックアップ関係を選択し、[編集]をクリックします。
  3. [関係の編集]ダイアログ ボックスで、適切な処理を選択します。
    目的 操作
    既存のポリシーを選択する [参照]をクリックし、既存のポリシーを選択します。

    ソース ボリュームに関連付けられたSnapshotポリシーと最も多くのラベルが一致するポリシーを選択できます。

    新しいポリシーを作成する
    1. [ポリシーの作成]をクリックします。
    2. ポリシーの名前を指定します。
    3. スケジュールされた転送の優先順位を設定します。

      転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優先順位が「通常」の転送よりもあとにスケジュールされます。デフォルトでは、優先順位は「中」に設定されます。

    4. 転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を有効にする]チェック ボックスを選択します。
    5. バックアップ ポリシーのSnapMirrorラベルとデスティネーションの保持数を指定します。

      新しいSnapMirrorラベルを有効にするには、同じラベルのSnapshotコピーをソース ボリュームに作成する必要があります。

    6. [作成]をクリックします。
  4. 関係のスケジュールを指定します。
    状況または条件 操作
    既存のスケジュールを割り当てる [参照]をクリックし、既存のスケジュールを選択します。
    新しいスケジュールを作成する
    1. [スケジュールの作成]をクリックします。
    2. スケジュールの名前を指定します。
    3. 次のいずれかのオプションを選択します。
      • 基本

        曜日、時刻、および転送間隔だけを指定する場合に選択します。

      • アドバンスト

        cron形式のスケジュールを指定する場合に選択します。

    4. [作成]をクリックします。
    スケジュールを割り当てない [なし]を選択します。
  5. [OK]をクリックします。