AutoSupportデータの生成

System Managerを使用して1つまたは複数のノードのAutoSupportデータを生成することで、それらのヘルスを監視したり、テクニカル サポートに通知を送信したりできます。

手順

  1. > [AutoSupport]をクリックします。
  2. ノードを選択し、[AutoSupport要求] > [AutoSupportの生成]をクリックします。
    デフォルトでは、すべてのノードのAutoSupportデータが生成されます。
  3. [AutoSupportの生成]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
    1. 特定のノードのAutoSupportデータを生成する場合は、[すべてのノードに対してAutoSupportデータを生成する]チェック ボックスをオフにし、ノードを選択します。
    2. ケース番号を入力します。
  4. [生成]をクリックします。
  5. [確認]ダイアログ ボックスで、[OK]をクリックします。