[AutoSupport]ウィンドウ

[AutoSupport]ウィンドウでは、システムの現在のAutoSupport設定を表示できます。システムのAutoSupport設定を変更することもできます。

コマンド ボタン

有効化
AutoSupport通知を有効にします。
無効化
AutoSupport通知を無効にします。
編集
[AutoSupport設定の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、Eメール通知の送信元のEメール アドレスを指定したり、ホスト名の複数のEメール アドレスを追加したりできます。
テスト
[AutoSupportのテスト]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、AutoSupportのテスト メッセージを生成できます。
AutoSupport要求
次のAutoSupport要求を行います。
AutoSupportの生成
選択したノードまたはすべてのノードのAutoSupportデータを生成します。
前の概要を表示
以前のすべてのAutoSupportデータのステータスと詳細を表示します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

詳細領域

詳細領域には、ノード名、AutoSupportのステータス、使用される転送プロトコル、プロキシ サーバの名前など、AutoSupportの設定情報が表示されます。