NVMeネームスペース

NVMeネームスペースは、論理ブロックにフォーマット可能な不揮発性メモリ(NVM)の容量です。ネームスペースは、Storage Virtual MachineでNVMeプロトコルが設定されている場合に使用され、FCおよびiSCSIプロトコルのLUNに相当します。

NVMeホストには、1つ以上のネームスペースがプロビジョニングされて接続されます。各ネームスペースがさまざまなブロック サイズをサポートできます。

NVMeプロトコルは、複数のコントローラ経由でネームスペースへのアクセスを提供します。ほとんどのオペレーティング システムでサポートされているNVMeドライバを使用すると、Solid State Drive(SSD;ソリッド ステート ドライブ)ネームスペースは標準ブロック デバイスとして表示され、そのままでファイルシステムとアプリケーションを導入できます。

ネームスペースID(NSID)は、コントローラがネームスペースへのアクセスを提供するために使用する識別子です。ホストまたはホスト グループに対してNSIDを設定する場合は、ホストからボリュームへのアクセスも設定します。論理ブロックは、一度に1つのホスト グループにのみマッピングできます。同じホスト グループに複数のNSIDが割り当てられることはありません。

NVMeネームスペースのNVMeサブシステムのプロビジョニング

NVMeサブシステムには、1つ以上のNVMeコントローラ、ネームスペース、NVMサブシステム ポート、NVMストレージ メディア、およびコントローラとNVMストレージ メディア間のインターフェイスが含まれます。NVMeネームスペースを作成する際、NVMeサブシステムをネームスペースにマッピングする方法を次の中から選択できます。

なし(デフォルト)
NVMeサブシステムをネームスペースにマッピングしません。
既存のサブシステム
既存のNVMeサブシステムを選択してネームスペースにマッピングします。NVMeサブシステムはホストOSとSVMのフィールドに基づいて表示されています。NVMeサブシステムの名前にポインタを合わせると、サブシステムに関する詳細が表示されます。
新しいサブシステム
新しいNVMeサブシステムを作成してネームスペースにマッピングします。サブシステムはホストOSとSVMに作成されます。
サブシステムをプロビジョニングするには、次の詳細情報を指定します。