[ストレージ プール]ウィンドウ

[ストレージ プール]ウィンドウでは、ストレージ プールと呼ばれる専用のSSDキャッシュを作成、表示、管理できます。ストレージ プールはルート以外のアグリゲートに関連付けてSSDキャッシュを提供したり、Flash Poolアグリゲートに関連付けてサイズを拡張したりできます。

このウィンドウは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタでは使用できません。

コマンド ボタン

作成
[ストレージ プールの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、ストレージ プールを作成できます。
ディスクの追加
[ディスクの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、ストレージ プールにキャッシュ ディスクを追加できます。
削除
選択したストレージ プールを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

ストレージ プールのリスト

名前
ストレージ プールの名前が表示されます。
合計キャッシュ
ストレージ プールの合計キャッシュ サイズが表示されます。
スペア キャッシュ
ストレージ プールの利用可能なスペア キャッシュ サイズが表示されます。
使用済みキャッシュ(%)
ストレージ プールの使用済みのキャッシュ サイズの割合が表示されます。
割り当て単位
ストレージ プールのサイズ拡張に使用できる合計キャッシュ サイズの最小割り当て単位が表示されます。
所有者
ストレージ プールが関連付けられているHAペアまたはノードの名前が表示されます。
状態
ストレージ プールの状態が表示されます。正常、デグレード、作成中、削除中、拡張中のいずれかです。
正常
ストレージ プールが正常であるかどうかが表示されます。

[詳細]タブ

選択したストレージ プールに関する詳細情報が表示されます。これには、名前、健全性、ストレージ タイプ、ディスク数、合計キャッシュ、スペア キャッシュ、使用済みのキャッシュ サイズ(%)、割り当て単位などの情報が含まれます。このタブには、ストレージ プールによってプロビジョニングされるアグリゲートの名前も表示されます。

[ディスク]タブ

選択したストレージ プールのディスクに関する詳細情報が表示されます。これには、名前、ディスク タイプ、使用可能なサイズ、合計サイズなどの情報が含まれます。